ここでは、外部ストレージを利用したバックアップデータ送信の例を説明します。(データを引き継ぐには 旧端末での操作1~4の続きとなります。)

5.「ドライブ」を選択します。

お好きな外部ストレージアプリを選択してください。(どのようなアプリが表示されるかは環境によって異なります)。

ここでは例としてドライブを選択しています。

画面上部に、ドライブ内のフォルダが表示されることもあります。
そこを直接選択することもできます。

6.外部ストレージ内に保存します。

※ドキュメントのタイトルは変更しないでください!
※保存先フォルダはお好きな場所で結構ですが、忘れないよう控えておいてください

以上で血圧のーとのバックアップデータをドライブに保存することができました!

新端末でデータをインポートする手順についてはこちら

血圧のーとサポートページ トップへ戻る