「血圧のーと」は最新版をご用意ください。特に7.0より前のバージョンをお使いのお客様はアップデートをお願いいたします。(バージョン7.0の前と後ではバックアップファイルの形式が変更になっております)バージョンはトップメニューの「設定」→「本アプリについて」からご確認いただけます。

1.トップ画面で「設定」を選択します。
2.「データの管理」を選択します。
3.「バックアップファイルのインポート」を選択します。

このとき、次のようなダイアログが現れたら、「許可」を押してください。

★「許可しない」を選択するとここから先へは進めません。

★以前に「許可しない」を選択していた場合、このようなダイアログが現れず、「データの送信」を押しても何の反応もない(ここから先へ進めない)場合があります。
そのときは、端末の設定からあらためて血圧のーとに端末へのストレージアクセス許可を与える必要があります。
詳しくは、「データ引き継ぎについてのよくあるご質問」をご参照ください。

4.ダイアログを確認し、「血圧データのインポート」を選択します。
5.端末内に保存(ダウンロード)したバックアップファイルを確認します。

ファイル選択画面が開きますので、メールアプリ または 外部ストレージアプリ でデータを保存(ダウンロード)した場所を選択します。

保存場所を特に指定していなかった場合は「download」フォルダを選択してください。

「2021ketsuatsu」ファイルがありました。

ファイルが見つからないときは※

●ファイルを保存したとき、保存場所が表示されませんでしたか?またはご自分で保存場所を指定しませんでしたか?その時はdownloadフォルダにはありませんので、保存したフォルダを選択してください。

たとえばdownloadフォルダではなく、 「/private/docomo/mail/attached・・・」や 「/private/au/Email/MyFolder/・・・」など、機種によって異なる場所に保存される場合があります。 (これはあくまで例です。ドコモだから、auだからと必ずしもこの場所に保存されるわけではありません) メモした内容をよくご覧になって、順番にたどってください。

●どこに保存したか分からなくなってしまった… ファイル管理アプリなどを使うと、ファイルを検索することができます。



★アプリのバージョンとバックアップファイルの関係について

バージョン7.0からバックアップファイルの名前が変更になりました。
※バージョン7.0以降 2021ketsuatsu.db
※それ以前 2018ketsuatsu.db

それに伴い、インポートできるバックアップファイルも異なります。
※バージョン7.0以降 2018ketsuatsu.dbと2021ketsuatsu.dbどちらもインポートできます。
※それ以前 2018ketsuatsu.dbのみがインポート可能です。

6.上で確認したバックアップファイルをタップします。

ダイアログを確認し、「はい」を選択します。

インポートが終了すると、次のダイアログが表示されます。

ダイアログを確認し、「はい」を選択します。

以上でデータ移行が完了しました。

カレンダー画面などを見ると、データがインポートされているのが確認できます。

お疲れ様でした!

血圧のーとサポートページ トップへ戻る